Grandex
 

応募以降の流れ

グランデックスは多種類のアウトドアツアー(ラフティング・キャニオニング・SUP・マウンテンバイク)を開催しています。

どのアクティビティのアウトドアガイドも必ずアウトドアガイド研修を受けていただきます。
まったく経験がない状態でのスタートでも、万全の研修プログラムがあるから安心です。
体験、研修、働きながらアウトドアの知識が身につき、本格的なアウトドア用品も扱えるようになります。
自然の中で働きながらリフレッシュできたり、同世代のガイド仲間ができ、一緒に働き、学び、楽しさを共有できるそんな魅力満載の職場です。

グランデックスでは、はじめての方をしっかり研修してサポートしますので、安心してご応募ください。
最初の応募以降の流れを簡単に説明いたします。

① 応募フォーム もしくは 電話にて問い合わせ、応募

応募フォームはコチラ
Tel:0494-69-2030 求人担当:加藤

② 面接、会社説明

採用担当者と面接の日時を打ち合わせ後に、現在お住いの近くの支店で面接、会社説明、実際の職場の雰囲気を確かめていただきます。

グランデックス所在地一覧

時期、ご希望によっては実際にアウトドアガイド体験(ラフティング もしくは キャニオニング)をしていただきます。

ご持参いただくもの → 履歴書(写真付き)、水着、タオル、濡れても良い靴

その後、両社合意の上、アウトドアガイド研修をスタートします。

③ アウトドアガイド研修

採用が決定すると、アウトドアガイドになるための研修が始まります。
当社独自のカリキュラムを使い、川の知識・技術を伝え、訓練・練習を重ねていきます。
カリキュラムにはアウトドア経験豊富なトレーナーが付き添います。また同時にサービスや接客について研修していきます。
※研修期間は個人差があります。おおよそ3週間から2ヶ月間を要します。

④ 応急手当資格取得

研修の過程で応急手当(心配蘇生法)の資格を取得していただきます。
すでにお持ちの方で有効期間内であれば、別途取得していただく必要はありません。
当社にはメディックファーストエイドのインストラクターが在籍しておりますので、社内で講習開催が可能です。
※応急手当資格とは、消防本部の開催する普通・上級救命講習や、赤十字救急法救急員養成講座や、それに相当する講習や資格になります。

⑤ 社内審査

普通自動車免許の卒業検定のように、お客様と一緒に検定官がツアーに同行し、お客様をガイドできるかをチェックします。

[ラフティングガイドの場合]

○ラフティング協会認定テストを取得
ラフティング協会のリバーガイド認定試験は、知識を確認する筆記テストと、技術を確認する実技テストになります。 当社の研修カリキュラムを滞りなく、訓練・練習すれば必ず合格できます。
受験料は当社が負担します。

○ガイドになったら
アウトドアガイドは専門装備が必要になります。
仕事に必要な装備・道具は無料レンタルできますので、お金をかけずに気軽に仕事がスタートできます。
また社内割引制度もありますので、自分オリジナルのアウトドア装備も安く購入することができます。