あら散歩~雲竜渓谷 氷瀑ツアー~

どーも、みなさんお久しぶりです!アラーキーです!

もう2018年1ヶ月過ぎてしまいましたね…早い。早い。

2018グリーンシーズンまで、あと2か月切りました!

そろそろ、ツアーの受付を始めようと思ってますが…

その前に!!!日光ベースの『雲竜渓谷 氷瀑ツアー』あと1週間しかないので先日体験してきました!

雲竜渓谷 氷瀑ツアー

期間限定! 雲竜渓谷 氷瀑ツアー

今回は2018年1がつより、グランデックスのアクティビティに新たに加わった『雲竜渓谷 氷瀑ツアー』を体験しに、グランデックス本社のメンバーと日光へ!

普段、スノーボードはやってますが…

スノートレッキングとか、氷瀑ツアーの参加は初めて!

一眼レフカメラを持って、カメラマンで参加しましたが…半分お客さん気分で楽しんできました(笑)

集合場所 東武日光駅!

グランデックス 日光 氷瀑

集合場所は、東武日光駅ニッポンレンタカー前!

今回は車で行ったので、駅周辺の有料駐車場へ。

ニッポンレンタカーのすぐ隣に1日500円の駐車場、JR日光駅隣に2時間100円の駐車場がありました!東武日光駅の駐車場は少し混んでいたので、歩いて3分かからないJR日光駅横の駐車場へ。

電車で来る場合は、始発で出ても8時の集合時間に間に合わない可能性もあります。

その時は、前もってご相談ください!

8:25ごろが始発の特急到着時刻になるので、その時間までなら対応可能です!

但し、事前に必ずご相談を、お願いいたします。

いざ出発!

雲竜渓谷 氷瀑ツアー

みんな集合してたら、いよいよ雲竜渓谷に出発です!

途中から、雪道でしかも車1台分ぐらいしかない道に入っていきます。

ノーマルタイヤは絶対無理で、スタットレスでも2駆では厳しそうな道…グランデックスの車は4駆のスタットレスですが、ちょっと緊張。

ところどころに待避所や駐車スペースがあって、そこに車を止めて雲竜渓谷へ向かいます。

雲竜渓谷 氷瀑ツアー

スタート前に『ヘルメット・ストック・アイゼン』この3点を受け取り、荷物を準備したらスタートです!

服装

ツアーが始まって大切だと感じたのが、服装でした!

私が参加した日は混んでいて、駐車したのがスタート地点より少し離れたところだったので、スタート地点についたころは、体がポカポカしてました(笑)

車での移動中にEndyから、汗かかないように着ているもので調整してね!と何度も言われていたのですが…この日が気温が高かったこともあり…スタートしてすぐ汗が…

Arakey…完全に想定外。

ジャケットを脱いだら、これ以上脱げない装備…汗をかきながら歩きました。暑い。

雲竜渓谷 氷瀑ツアー

天気がイイ日は、行きがほぼ登りのため、Endyのように半袖のシャツを着ていたほうが良いですね!寒ければ上に着ていけばいいにですが、中に何か着ていないと脱げない!!!

なかなか体温調整が難しい!

雪山は日陰になるだけで気温がぐっと下がります。

風がいきなり強くなったら、さらに体感温度は下がります。

一度汗をかいてしまうと、濡れた状態になるので体感はさらに寒くなります!

なるべく汗はかかないほうが良いのです。

・速乾性のあるアンダーウエア、その上に半袖シャツ

・中間着として、フリース・ダウン・ダウンベストなど

・アウターは防水性の高いジャケット

の、用意をするとイイと思います。

アラーキー速乾性のあるインナーだったのですが、そのうえがパーカーで脱ぐに脱げず…

雪山なので寒かったら…の備えは浮かびますが、ほんとに暑くなる場合に備えるのが大切だと実感しました!

ストック・ヘルメット・アイゼン

普段なかなか使うことのない、この装備。全部レンタルで用意してあります!

しっかりと入山するときにレクチャーもします!

 雲竜渓谷 氷瀑ツアー 雲竜渓谷 氷瀑ツアー

アイゼンを装着するのは、初めてだったのでなかなか手こずりましたが、装着してみると雪道をしっかり歩けます。

アイゼンで歩くのも、なかなかできない体験なのでこれもすごくいい体験!

冬ならではの光景が!

雲竜渓谷 氷瀑ツアー 雲竜渓谷 氷瀑ツアー

歩くのは、緩やかな上り坂や、平らな道。

なんですが、ところどころに難関が!

雲竜渓谷 氷瀑ツアー 雲竜渓谷 氷瀑ツアー

いきなり急になったり、細くて1人通るのがギリギリだったり…

雲竜渓谷 氷瀑ツアー 雲竜渓谷 氷瀑ツアー

川を渡ったり!!!

途中まで、おしゃべりしながら進んでたのが、いきなり静かに…(笑)

もうみんな自分に集中!

川を渡るときは、ストックを伸ばしてしっかり安定させて渡ります!

滑って川にドボン!する方がシーズンに2.3人居るそうです…みんな1歩1歩確認しながら進みます!

ただ、道は難関ばかりじゃないんです。

絶景が広がる場所も!

雲竜渓谷 氷瀑ツアー

登録有形文化財に指定されている砂防ダムを通る貴重な体験も!

この砂防ダムがないと、今市市や宇都宮市まで土石流が流れてしまうらしいです。

かなり貴重で大切な場所。雪道となったここを歩けるのも、氷瀑ツアーならでは!

いざ渓谷内へ!

雲竜渓谷 氷瀑ツアー

景色を堪能しながら、時には急な坂道に息を切らしながら歩くこと…2時間程!

渓谷の入り口に到着!渓谷内は空気が冷たく気温も低いので、防寒対策をしっかりとして、入っていきます!

すると、写真で見ていた氷瀑が!

想像よりも大きく、写真だと、どう撮ればいいのか悩むサイズ!

この景色を間近で見れるなんて!頑張って歩いたかいがありました!

雲竜渓谷 氷瀑ツアー 雲竜渓谷 氷瀑ツアー

ランチタイム~

氷瀑を見た後は、待ちに待ったランチタイム!

も~ほんとに、腹ペコ(笑)

カップラーメン食べる人や、おにぎりやパンの人、いろいろいましたが…

グランデックスの秘密兵器!オソトデチン

雲竜渓谷 氷瀑ツアー 雲竜渓谷 氷瀑ツアー

これ、侮るなかれ!!薬剤と水を入れると、中から蒸気が!レトルト食品やおにぎりが温まるのです!アラーキーのお赤飯は無事温まりましたが、ツナマヨはリゾットになってました!

これ、意外と使える代物なので、また別の機会に紹介します!(笑)

余談が入りましたが…(笑)

そとで食べるご飯て、なんてこんなにおいしいのですかね!

疲れも吹っ飛ぶ!

さ、体力回復したところで、戻りますよ~

雲竜渓谷 氷瀑ツアー

遊びながら~

ご飯休憩をとり、体力が回復したところで帰路につきます!

行きは、ほぼ登りだったので、帰りはほぼ下り!

そして気温が下がってくるので、暑くなることはなく、むしろ着込んでいて正解な気候。

やっぱり体温調整が難しいですね…

体力は復活してるので、楽しくおしゃべりしながら、写真を撮りながら、そしてこんなことして遊びながら戻ります!

雲竜渓谷 氷瀑ツアー 雲竜渓谷 氷瀑ツアー 雲竜渓谷 氷瀑ツアー 雲竜渓谷 氷瀑ツアー

このソリ、案外難しくて何回かリベンジしたくなるやつです(笑)

みんな口々に、行きここ通ったっけ?て(笑)

おしゃべりしながら歩くと、あっとゆう間に車まで戻ってきました!

イロイロあったツアーもだいたい15時頃には終了!

帰りの車で、写真をみたり、おしゃべりしながら日光駅へ。

駅に着いたら、解散です!だいたい16時!

1日があっとゆう間に過ぎました!

2/12まで 期間限定ツアー

帰りに温泉寄ったり、観光したり、お土産買ったり!

1日満喫できること間違いなしの『雲竜渓谷 氷瀑ツアー』

開催は12日までの期間限定!

まだ体験してない人は、今週末がラストチャンス!!!

詳しくは、こちら♪(スマホはこちら

ドローン動画

まだ迷ってる方は、マーシ撮影のドローン動画をチェック!

写真では伝えきれない絶景を、ドローンでしか取れない映像を見てください!

The following two tabs change content below.
arakey
arakey
予約センター長グランデックス
埼玉県越谷市出身。以前は、インドアな生活を送っていた。20代半ばに体験したラフティングにハマる。そこから徐々にアウトドアな生活に。今ではラフティングガイド、冬は趣味でスノーボードそんな生活。2017年4月より予約センターの一員に仲間入り!
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です